ネイル

ネイルをきちんとぬった爪が好きだ。
ネイルサロンにも行くし、自分で塗ることもある。
アートまではできないけれど
手はもちろんペディキュアもする。

彼はそんなきれいな爪が好きだ。
一度、会う予定がない日に急に逢えることになったときに
はげかけたネイルのまま逢ってしまったことがある。
そのとき
彼はとても悲しそうな顔をした。
化粧をしてなくても気にしないのに・・・。
だから
ネイルには気を使う。

彼は特に赤いマニキュアが好き。
職場に赤いマニキュアをしていくわけにはいかないので
ペディキュアだけを赤にする。
夏は真っ赤な鮮やかな赤にしていたし、今は少し落ち着いた赤にしている。
彼のために赤いマニキュアが増えている。
赤いペディキュアは彼のもの。

ネイルを塗り直した。
明日
彼は嬉しそうにキスするだろう。
[PR]
# by tukine7 | 2004-11-20 22:27 | 恋愛(M) | Comments(0)

メール

週末になるとメールが激減。
それは不倫カップルだったらありがちなことだろうと思う。
私からのメールも彼からのメールに返信する程度にとどめている。
でもね
メールの着信音がなると彼からかな?って期待しているところは否定できない。

お昼近くの「おはよ」の一言でも
「今、掃除中」でもいいんだ。
気にかけてくれていることを感じられたら穏やかでいられる。

明日は土曜日。
彼が最もメールをくれない曜日だ・・・。
[PR]
# by tukine7 | 2004-11-19 22:59 | 恋愛(M) | Comments(3)

忘れるな。

「彼」である前に「夫」であり「父」である人なのだ。

彼は私のことを「彼女」と言うが
奥さんから見れば所詮「浮気相手」にすぎないのだ。
[PR]
# by tukine7 | 2004-11-17 22:40 | 恋愛(M) | Comments(2)

1番と特別

「1番になる気はない」と言いつつ
「特別な存在ではいたい」と言っているのは
結局
1番になりたいと言う勇気がないだけだ。
自分を守るために
都合のいい言葉を使っているだけだ。
そして彼も
都合よく「特別」だと言っているのだ。
[PR]
# by tukine7 | 2004-11-17 22:25 | 恋愛(M) | Comments(2)

言い訳

春の人事異動まで彼とは同僚の関係。
ずっと好きで
でもそんなそぶりはみせないまま同僚として淡々と過ごした。
同じ課で仕事の相棒として2人で沢山の仕事をした。
辛かったこと。
結果が出てうれしかったこと。
まさに二人三脚の日々。
そのせいか
仕事で不安になると
一番最初に彼の顔が浮かぶ。
今の相棒がイマイチ仕事ができないのもあるけれど
いまだに彼に頼ってしまうことがある・・・。
「ねぇ、聞いてよぉー」って甘えることが心地いい。

別れられない言い訳にもならないか。
ただ、私の意志が弱いだけだ。
ごめんなさい。
[PR]
# by tukine7 | 2004-11-16 21:55 | 恋愛(M) | Comments(2)

過去記事に不倫に関する記事もあります。不快な方は読まないで下さい。楽しいことよりも自分の心のドロドロした感情を整理するために書いています。


by tukine
プロフィールを見る